一眼レフカメラ特集

超初心者向けの撮影のコツ

私が知っている写真撮影のコツはこれ!

私が知っている写真撮影のコツを紹介します。
コツをつかむためには、フィルムカメラでもデジタルカメラでも共通なカメラの基礎を知っておく必要があります。

 

それは絞りとシャッタースピードの関係です。

 

絞りはレンズに入ってくる光の量を調整します。F値と呼ばれるものです。
絞りを絞ると開いているレンズの径が小さくなり、取り込む光の量が減ります。
シャッタースピードは光を取り入れている時間を調整します。何百分の1秒という風に示されます。

 

シャッタースピードが早ければ、それだけ一瞬を捉えることができます。遅くすれば、動きの軌跡が写ることになります。
この絞りとシャッタースピードの組み合わせによって、フィルムに届く最適な光の量を調整します。

 

私がもっていた一眼レフはファインダーの中にこの光の度合いを示すメーターがついていて、
これを見ながらシャッタースピードと絞りをマニュアルでセットしていました。
ここで大事な特性が絞りにあります。

 

絞りを絞って有効レンズ径が小さくなると、ピントの合う範囲(カメラからの距離)が広くなります。
逆に絞りを開いて有効レンズ径を大きくとると、ピントの合う範囲が狭くなります。ピントがあっているところ以外はぼけてしまいます。
このピントの合っているところとぼけているところをうまく使うと、被写体を浮かび上がらせることができます。人物撮影に多用される初歩的な技法です。

 

一眼レフカメラはマニュアル操作が選択できるものがほとんどですので、絞り優先を選択して絞りをマニュアルで選択すると、
後はカメラが自動でシャッタースピードをセットしてくれます。

 

ところで、今はほとんどの人がデジタルカメラを使っていると思いますが、
シャッターボタンを押してからシャッターが切れるまでの時間がかかりすぎると思いませんか。

 

この速さを謳っているカメラもありますが、カメラの性能なのでいたし方ありません。撮影するほうがタイミングをはかって早めにボタンを押す必要があります。

 

これはあらかじめ練習してそのカメラにあったタイミングを覚えることが狙った写真に近づく一歩です。


ホーム RSS購読 サイトマップ